オーラルケアにも効果大!お口で働く乳酸菌

O-157の予防効果が見込める乳酸菌

食中毒は、人間にとっては脅威の病気の1つです。たまにテレビなどで、食中毒のニュースが報道される事がありますね。その病気は、O-157がクローズアップされる事が多いです。そして、その病気に対しては乳酸菌が有効と見込まれています。

 

とても怖いO-157とそれに対抗する為の善玉菌

 

036.jpg

まずO-157という病気は、もちろん食べ物に起因しています。食べ物によっては、大腸菌を含んでしまっている物があるのですね。それでお腹が下ってしまったり、出血をしてしまう事もあります。症状が悪化すると、ちょっと命にも関わってしまう大変怖い病気ですね

 

このためその病気にならないようにするためには、お腹の中の環境を事前に整えておく必要があります。その役割を担うのが、お腹の中で生息している善玉菌ですね。善玉菌がお腹の中で活躍している事で、病原菌がお腹の中で生息しづらい環境を作ってくれるのです。

 

O-157が活躍しづらい環境を作る乳酸菌

 

012.jpg

そして乳酸菌というのは、その善玉菌に働きかけてくれると言われています。ヨーグルトなどを摂取しますと、乳酸菌の中に含まれている乳酸が善玉菌に働きかけてくれます。それで善玉が活性化されて、お腹の中がだんだんと善玉優勢になってくれるのですね。それでO-157のような病気が発生しづらい環境になってくれるわけです

 

また善玉菌は、お腹の中でバリアも作ってくれます。大腸の表面部分は元々バリアで覆われているのですが、乳酸菌はそれを構築するためのサポートをしてくれると言われています。腸の壁がバリアで覆われれば、もちろん感染しづらくなります

 

ですので食中毒などを防止する為には、乳酸菌を摂取するのは良い方法ですね。ただし乳酸類は即効性があるものではありませんので、普段から摂取してお腹の調子を整えておくのが大切だと思います。

世間の数ある商品の中には、第1回目の費用がかなりリーズナブルになっているものが見られます。第2回目以降は通常料金が適用されるのですが、第1回目だけかなり安価になっている事もあるのですね。
その1つは、ビフィーナという乳酸菌の商品です。いわゆるを試しのようなイメージで、それを摂取する事ができるのですね。

 

第1回目の購入の際には料金が低めになる

 

例えばビフィーナのSというタイプがあります。その中には60包入りのタイプがあるのですが、その定価は7,300円前後になります。
ところが第1回目の購入時には、その料金が5,800円台になるのですね。つまり20%ほど価格がリーズナブルになる訳です。1,500円ほど安価になる訳ですから、それはかなり大きいでしょう。
またビフィーナの中で一番強めなEXというタイプもありますが、それは定価は1万円前後になります。しかしEXも、初回購入時には8,100円台になるのですね。2,000円前後の割引が発生する訳ですから、やはり初回購入の時の値段はかなりお得と言えるでしょう。
ただしその初回購入の料金が適用されるのは、あくまでも公式サイトを通じて購入した時のみになります。いわゆるアマゾンなどを用いて購入した時には、初回の割引は適用されませんので注意が必要です。

 

コンビニの場合は700円前後で購入可能

 

ただその5,800円台や8,100円台では、ちょっと手を出しづらいと考えている方もいらっしゃるかもしれません。数千円台というのは、そこそこ大きな出費だと考えている方もいらっしゃるのですね。
もしも数千円では大きすぎると思うのであれば、コンビニでRタイプを購入する方法もあります。実は最近のコンビニでは、ビフィーナRという商品を陳列し始めているのですね。
そしてRタイプの場合は、料金はかなりリーズナブルになります。7包だけ入っているのですが、金額は700円前後になるのです。つまり1包あたり100円という事になります。
初回に数千円ほど支払うのはちょっと大きいかもしれませんが、700円前後であれば手が届きやすいのではないでしょうか。ですのでお試しの為にビフィーナを購入しようと思うのであれば、コンビニでRタイプを購入するのも悪くありませんね。
ちなみにRタイプにも初回購入の特典があって、60包あたり3,400円前後になります。1包あたりの価格が50円台になる訳ですから、そちらも悪くありませんね。
このようにビフィーナという商品は、お試し購入がしやすくなっている訳です。さしあたってはコンビニでRタイプを購入してみて、それで効果が大きそうであれば通信販売サイトで購入してみると良いでしょう。

 

>出典:植物性乳酸菌、はじめましょう

続きを読む≫ 2015/07/09 16:33:09

乳酸菌のサプリメントを選ぶ為の基準の1つは、やはり値段ではないでしょうか。そもそもサプリは、そこそこまとまった金額になりますね。サプリによっては数千円前後の製品などもありますので、できるだけコストが低いものを選びたいと思うのは、やはり自然な感情だと思います。実際人々は、コストパフォーマンスが良いサプリメントを選びたいと思っている事も多いのですが。

 

値段に関するメリットがある花菜の乳酸菌製品

 

046.jpg

そのような乳酸菌のサプリを選びたいと考えているならば、例えば選べる乳酸菌という商品などは良いと思います。花菜という会社が提供している製品なのですが、かなり値段がリーズナブルなのが特徴的ですね。

 

というのも次のようなデータがあるのです。1,700円前後と2,500円前後と6千円前後です。その3つの価格が何を示すかと申しますと、乳酸菌の値段ですね。完全にランダムに3つの乳酸菌の製品を見てみた時の価格なのです。

 

10億個当たりの乳酸菌の数は他社よりリーズナブル

 

048.jpg

それにして花菜の選べる乳酸菌という製品の場合は、3,000円前後になります。一見すると他の会社よりは、高めなように見えるかもしれません。しかし実はそうではないのです。というのもまた次のようなデータがあります。1.7円と250円と33円です。それが何を示すかと申しますと、乳酸菌の10億個あたりの値段になります。

 

参考サイト:便秘 解消 乳酸菌

 

つまり製品の値段自体は他の会社よりは高めになっていますが、乳酸菌1個あたりの値段は他の会社よりもリーズナブルになっている訳ですね。しかもこの会社が採用している乳酸菌の場合は、クオリティーもとても高いです。良い効果を発揮できる乳酸菌をリーズナブルに購入できる訳ですから、メリットが大きいと考えられるでしょう。コストパフォーマンスの良さという意味で、選べる乳酸菌はオススメと言えます。

続きを読む≫ 2015/04/04 22:26:04

乳酸菌は、アトピー性皮膚炎と大きな関係があります。
アトピーの症状としては、痒みの強さですね。なかなかしつこいアレルギーで、それを改善するために苦しんでいる方も多いようです。特にお子様の間で、そのアトピー性皮膚炎の発症事例が多いようですね

 

免疫のバランスが崩れでアトピーになる

 

ではなぜアトピー性皮膚炎になってしまうかと言うと、身体の免疫の状態がおかしくなっているのが一因です。身体の免疫のバランスが崩れてしまっていると、免疫がおかしな行動を起こしてしまいます。その一環として、上記のような痒みが発生してしまう事があるのですね。
腸内環境も、それと大きな関係があります。お腹の中の環境がおかしくなっていると、免疫のバランスもおかしくなってしまうのです。ですのでお腹の環境を整えてあげる事が、その症状の改善につながると言われています

 

善玉菌で腸内環境を整えてアトピーの改善をする

 

ではどうすれば環境を整える事ができるかと言うと、その方法の1つが乳酸菌なのですね。乳酸菌がお腹の中の善玉菌に働きかけて、腸内の環境を良くしてくれると見込まれています。お腹が善玉有利になれば、腸内環境も整えられるでしょう。
実際乳酸菌のサプリメントのメーカーとしても、アトピー性皮膚炎を強調している事がしばしばあります。サプリメントの紹介をしているウェブサイトなどは多く見かけますが、そこでアトピーが改善されたという話をアピールしている事も多いですね。ですのでメーカーとしても、乳酸菌はアトピー性皮膚炎に効果があると考えているのでしょう。
このためアトピーに悩んでいるのであれば、乳酸菌を摂取してみるのは良いと思います。それと同時にオリゴ糖なども一緒に摂取すれば、より効率的にアトピーの改善ができるでしょう。

続きを読む≫ 2015/03/27 00:46:27

日常生活で摂取している物の中には、少なからず町内環境の悪化を招いてしまうようなものもあります。それは様々あるのですが、軽視できないものの1つは塩素です。それはお腹の中に生息しているビタミン類に関わってくるからです。

 

なぜ水道水が腸内環境を悪くしてしまうか

 

塩素が何に含まれているかと言うと、水道水ですね。私たちにとって非常に身近な水道水は、殺菌が行われています。その為に塩素が用いられているのですが、あれは人間のお腹に対しては悪い影響があると考えられているのです。
塩素というのはとても殺菌作用が強いので、人間のお腹の中にある栄養分に対しても影響してしまうのですね。ビタミンはその1つで、塩素によって破壊されてしまうそうです
そして腸というのは、ビタミン類を補給している一面があります。お腹の中がビタミン不足になってしまいますと、腸に対する悪影響が懸念されます。ですので水道水というのは、腸内環境の悪化を招いてしまうと言われています。
それと水道水の中には、活性酸素も含まれているようですね。あの酸素は老化を促進させてしまうようです。それでお腹の中の老化が進んでしまいますので、やはり腸内環境は悪くなってしまうと言われています。

 

極力水道水を摂取しないよう心がける

 

ですので普段の食生活で、極力水道水をお持ちないようにするのは大切だと考えます。水道水が体に悪いという話はとても有名ですが、それは腸内環境に関わっている訳ですね。
少なくとも塩素をフィルターする必要がありますので、浄水器などを設置しておく方が良いと思いますね。また無難を期して、ウォーターサーバーをミネラルウォーターを用いる方法もあります。コストパフォーマンスなどを考慮すれば、個人的にはウォーターサーバーあたりが良いと考えます。

続きを読む≫ 2015/03/27 00:45:27

乳酸菌を摂取するならば、胃酸のPHは意識しておいた方が良いと考えます。
PHというのは、酸性かアルカリ性かを示す数字ですね。PHが小さければ、酸性よりという事になります。逆に大きければ、もちろんアルカリ性になるのですが。そして胃酸のPHは、空腹状況によって変化している一面があります

 

PHが大きな直後のタイミングで乳酸菌を摂取

 

基本的に空腹状態ですと、PHが低くなりがちですね。つまり胃酸は、アルカリ性というよりも酸性に近くなっている訳です
空腹になっている時の胃酸の場合は、PHが2前後と言われています。特には1近くなっている事もありますね。それに対して食後の場合、PHは4前後だそうです。ですので食後の方が、胃酸はアルカリ性に傾いているという事になります。
そして乳酸菌の中には、ちょっと酸性に弱いタイプがあります。このためヨーグルトなどを摂取しても、強い酸によって溶かされてしまう事がしばしばあります。ですので空腹時に乳酸菌を摂取するというよりも、むしろ満腹の状態でそれを摂取する方が腸にも届きやすくなるでしょう

 

PHが低くても乳酸菌が全滅する訳ではない

 

ただしPHが非常に低い状態で乳酸菌を摂取しても、完全に死滅する訳ではないですね。乳酸菌が生き延びられる事も多いようです。
そして人によっては、ちょっと食後に乳酸菌を摂取するのが困難な方もいらっしゃるかもしれません。そのような時に乳酸菌を摂取しても、効果がゼロになる訳ではありません。
ですので空腹状態で乳酸菌のサプリメントなどを服用しても良い訳です。全く服用しないよりは、むしろ服用する方が良いかと思います。とは言え効果が薄れてしまう事は確実ですので、できれば食後にそれを服用する方が良いと思いますね。ヨーグルトも同様です。

続きを読む≫ 2015/03/27 00:44:27

乳酸菌の情報を、ネットで調べている方々は多数いらっしゃいます。質問投稿サイトなどを用いて、その情報を調べている方も多いですね。
現に先日も、乳酸菌の組み合わせに関する不安をお持ちの方がいらっしゃいました。複数の乳酸菌を組み合わせるのは問題無いかという不安です

 

乳酸菌は1つだけに絞り込むべきかという不安

 

その方の場合は、ヨーグルトに興味を持っているようですね。そしてご存知の通り、ヨーグルトには非常に多彩な種類があります。
その方は、1つのヨーグルトに絞り込むべきか否かに関する質問を投稿していらっしゃいました。つまり多彩なヨーグルトを組み合わせるのではなく、1つのヨーグルトだけを摂取するべきなのかなと考えていたようです。
なぜなら、乳酸菌同士の組み合わせの問題があるからです。2つ以上の乳酸菌を摂取してしまうと、お腹に対する悪影響が発生すると心配していらっしゃるようですね。

 

2つ以上の乳酸菌を組み合わせても問題は無い

 

結論から申し上げれば、2つ以上の乳酸菌を摂取する分には特に問題はありません。というよりも、むしろその方が良いと思います。
そもそも乳酸菌同士で、何か化学反応を起こすような事はありません。2つの乳酸菌が混在していても、それらのお腹の中で戦うような事も無いですね。むしろ複数の乳酸菌が共存してくれている方が、お腹の環境が整えられやすいと言われています。ですので2つ以上のヨーグルトを同時に摂取しても、特に問題はありません
ちなみに人によっては、日々異なるヨーグルトを摂取している事もあります。今日はヨーグルトAを摂取して、明日はヨーグルトBを摂取するというイメージですね。それでお腹が健やかな方も多数いらっしゃいますので、2つ以上のヨーグルトを摂取しても特に問題は無いかと思われます。

続きを読む≫ 2015/03/27 00:43:27