2つ以上のヨーグルトを組み合わせて食べるのは危険か

2つ以上のヨーグルトを組み合わせて食べるのは危険か

乳酸菌の情報を、ネットで調べている方々は多数いらっしゃいます。質問投稿サイトなどを用いて、その情報を調べている方も多いですね。
現に先日も、乳酸菌の組み合わせに関する不安をお持ちの方がいらっしゃいました。複数の乳酸菌を組み合わせるのは問題無いかという不安です

 

乳酸菌は1つだけに絞り込むべきかという不安

 

その方の場合は、ヨーグルトに興味を持っているようですね。そしてご存知の通り、ヨーグルトには非常に多彩な種類があります。
その方は、1つのヨーグルトに絞り込むべきか否かに関する質問を投稿していらっしゃいました。つまり多彩なヨーグルトを組み合わせるのではなく、1つのヨーグルトだけを摂取するべきなのかなと考えていたようです。
なぜなら、乳酸菌同士の組み合わせの問題があるからです。2つ以上の乳酸菌を摂取してしまうと、お腹に対する悪影響が発生すると心配していらっしゃるようですね。

 

2つ以上の乳酸菌を組み合わせても問題は無い

 

結論から申し上げれば、2つ以上の乳酸菌を摂取する分には特に問題はありません。というよりも、むしろその方が良いと思います。
そもそも乳酸菌同士で、何か化学反応を起こすような事はありません。2つの乳酸菌が混在していても、それらのお腹の中で戦うような事も無いですね。むしろ複数の乳酸菌が共存してくれている方が、お腹の環境が整えられやすいと言われています。ですので2つ以上のヨーグルトを同時に摂取しても、特に問題はありません
ちなみに人によっては、日々異なるヨーグルトを摂取している事もあります。今日はヨーグルトAを摂取して、明日はヨーグルトBを摂取するというイメージですね。それでお腹が健やかな方も多数いらっしゃいますので、2つ以上のヨーグルトを摂取しても特に問題は無いかと思われます。