水道水で腸内環境が悪化する理由

水道水で腸内環境が悪化する理由

日常生活で摂取している物の中には、少なからず町内環境の悪化を招いてしまうようなものもあります。それは様々あるのですが、軽視できないものの1つは塩素です。それはお腹の中に生息しているビタミン類に関わってくるからです。

 

なぜ水道水が腸内環境を悪くしてしまうか

 

塩素が何に含まれているかと言うと、水道水ですね。私たちにとって非常に身近な水道水は、殺菌が行われています。その為に塩素が用いられているのですが、あれは人間のお腹に対しては悪い影響があると考えられているのです。
塩素というのはとても殺菌作用が強いので、人間のお腹の中にある栄養分に対しても影響してしまうのですね。ビタミンはその1つで、塩素によって破壊されてしまうそうです
そして腸というのは、ビタミン類を補給している一面があります。お腹の中がビタミン不足になってしまいますと、腸に対する悪影響が懸念されます。ですので水道水というのは、腸内環境の悪化を招いてしまうと言われています。
それと水道水の中には、活性酸素も含まれているようですね。あの酸素は老化を促進させてしまうようです。それでお腹の中の老化が進んでしまいますので、やはり腸内環境は悪くなってしまうと言われています。

 

極力水道水を摂取しないよう心がける

 

ですので普段の食生活で、極力水道水をお持ちないようにするのは大切だと考えます。水道水が体に悪いという話はとても有名ですが、それは腸内環境に関わっている訳ですね。
少なくとも塩素をフィルターする必要がありますので、浄水器などを設置しておく方が良いと思いますね。また無難を期して、ウォーターサーバーをミネラルウォーターを用いる方法もあります。コストパフォーマンスなどを考慮すれば、個人的にはウォーターサーバーあたりが良いと考えます。